CULTURE CORPORATE BRAND

ユーザーとのロイヤルな信頼関係を構築するコーポレートブランド・コミュニケーション

市場はより多様化・個性化し、競合他社との限られた市場の取り合いが激化している現在、ユーザーにとって、製品の品質・性能・技術といった本質機能はもはや必要条件になっており、ブランドが提供する価値そのものが重要な差別化要素になりつつあります。
かつてのCI計画のような表面的なものではなく、事業戦略と連動したコーポレートブランド・コミュニケーション戦略を遂行することにより、ブランドのポテンシャルを最大限活用した事業展開の推進とシナジー効果の発揮によるブランド価値の向上が実現可能です。

コーポレートブランド構築フローチャート

STEP-1 事業レベルの戦略アイデンティティと基本戦略の構築

「顧客にどのような価値を提供していきたいか」を各セッションのスタッフが集いディスカッションする。また、「顧客」「価値」「技術・経営資源」のテーマで「ユーザーから見た価値」を検討し、基本戦略を組み立てる。

STEP-2 コーポレートブランドアイデンティティとブランド戦略の構築

「どのような差別化された価値を提供するか」という戦略アイデンティティを明確にし、コーポレートブランド戦略と統合していく。

STEP-3 コーポレートブランド戦略の浸透性とブランドマネジメントシステムの策定

コーポレートブランド戦略を推進する上での課題解決策、社内外に対する情報発信・浸透策・ブランド管理の仕組みの検討。

食品市場におけるコーポレートブランド・コミュニケーション

現状の市場でのユーザー獲得は最も重要でありますが、そのためにはまず自社ブランドを認知させていくことがベースとして必要です。ますます混戦となりつつある市場において、ユーザーを確実に掴んでいくことが重要であり、各業態のユーザーに焦点をあてた営業アプローチを展開し、ブランドの認知と、市場獲得を狙う動きが必要です。シックは事業戦略にそったコーポレートブランド・コミュニケーション戦略をご提案します。

コーポレートブランド・コミュニケーションに向けての戦略方針
  1. 市場設定と現状戦略の整理
  2. コーポレートプロミスの設定
  3. コーポレートビジョン
  4. コーポレートステートメントの確立
  5. 製品群の整理
  6. 新商品の整理
  7. ブランドビルドの確認
  8. 営業マンの活性化